GPS機能で浮気調査

探偵への浮気調査の依頼は高い信頼性がある反面、相応の費用がかかってしまいます。

具体的な費用は探偵事務所ごとに異なりますが、平均して20~40万円ほどかかるため、単なる疑惑だけではなかなか依頼に踏み切れないところです。

そんなときは、携帯電話のGPS機能を利用することで、ある程度パートナーの浮気を調査することができます。

GPS機能とは、地球上の現在位置を測定するための衛生測位システムのことで、GPS機能を搭載している機種であれば、現在位置を把握することが可能となっています。

本来は子供の居場所などを知るために利用する機能ですが、使い方によっては浮気調査に役立てることもできます。

auの携帯で浮気調査する方法

GPS機能を利用した位置検索サービスは携帯キャリアごとにいくつか用意されています。

ここでは一例としてauの携帯におけるGPS機能を紹介します。

1.位置確認メール

相手の携帯電話にメールを送ることで居場所がわかるシステムです。

送信側と受信側でそれぞれ1回3円の料金がかかりますが、事前に申し込みなどは必要なく、手軽に利用することができます。

ただ、位置確認メールを送信するたびに相手の同意が必要となるため、浮気調査には不向きと言えるでしょう。

2.いつでも位置確認

位置確認する相手を事前に登録しておくことで現在地を特定できるサービスです。

利用には事前申込が必要で、毎月の利用料として315円が徴収されるほか、位置を確認するたびにパートナー側と自分の両方に1回3円の料金がかかります。

位置を確認する際は相手の同意は必要ありませんが、事前登録には相手の同意が必要となるほか、位置確認の拒否設定も任意で行うことができます。

そのため、相手に知られないように位置確認するのは困難ですが、位置確認メールにように実際にメールが届いたり、着信音が鳴ったりすることはなく、位置確認のタイミングを知られずに済むというメリットがあります。

3.エリア通知

あらかじめ特定のエリアを設定しておくと、そのエリアに出入りした時に家族のau携帯電話に自動で通知されるサービスです。

たとえば会社をエリアに設定し、時間を18時にセットしておくと、18時以降に会社を出た場合、あらかじめ設定してあるau携帯電話にメッセージが届く仕組みになっています。

さらに、18時を過ぎるとアプリが作動し、およそ10秒間隔でGPSが居場所を特定します。

相手の行動をリアルタイムにチェックできるところが最大のメリットですが、サービスを利用するには相手と自分両方の機種がエリア通知に対応している必要があります。

また、利用料金は無料ですが、パートナー側の携帯電話には1回約3円のEZアプリ通信料が発生します。