メール転送で証拠をゲット

携帯メールは手軽に相手とやりとりできるため、浮気相手との連絡の常套手段となっています。

実際、パートナーの浮気に気づくきっかけのほとんどは携帯メールであることから、メールチェックは浮気調査の基本とも言われています。

携帯メールのやりとりは浮気そのものの証拠になるのはもちろん、内容によっては相手の名前や住所、勤務先のほか、待ち合わせの場所や時間などを特定する材料になることがあるので、怪しいメールはぜひ残しておきたいところです。

ただ、メールの内容を手書きで写すと時間がかかりますし、メールの画面を写真で撮影しても鮮明な画像を残せない可能性があります。

そんなときは、短時間ですべてのメールをコピー・確保できる携帯電話のメール転送機能を利用するのがおすすめです。

メールの転送方法

メールの転送機能とは、送受信メールをそっくりそのまま別のアドレスに送信できる機能のことです。

転送先を自分の携帯アドレスまたはPCアドレスに設定すれば、短時間で複数のメールをコピーすることができます。

転送方法はとても簡単で、パートナーの携帯電話に入っている怪しい送受信メールを選択した後、メニューを開いて『転送』を選ぶだけです。

すると、タイトルの頭に「FW」とついた新規メールが起ち上がります。もちろん、本文にはメールの送受信内容がそっくりコピーされています。

あとは送信先に自分のPCまたは携帯アドレスを打ち込んで送信すればOKです。

メール転送の注意点

メール転送そのものは比較的簡単に実行できますが、転送作業にはある程度の時間がかかります。

そのため、無駄な時間を省くために、あらかじめパートナーの携帯電話の操作方法を確認し、すみやかにメール転送できるよう準備しておきましょう。

また、メール転送を行うと相手の携帯電話に転送の痕跡が残ってしまうので、転送後は該当の送信メールとメール送信履歴をしっかり削除しておきましょう。

ちなみに、パートナーの携帯電話に浮気相手の写真などが残っていた場合は、メールに画像を添付することで一緒に転送することが可能です。

ただ、自分と相手の携帯キャリアが異なる場合、転送した画像が確認できないことがあるので、画像を添付する際は携帯電話ではなく、PCアドレスに転送した方が無難です。